研究業績|千代田区・水道橋駅で耳鼻咽喉科をお探しの方は丸山医院まで

診療時間 日・祝
9:30〜12:30
15:30〜18:30
※受付開始は午前9:00~/午後15:00~
※予約がない方も午前12時まで、午後18時まで受け付けています。
休診日:木曜・日曜・祝日
(12:30〜15:00はお電話がつながりません)

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-20-1 第2石川ビル5階

  • 電話
  • メニュー

主な著作(原著)業績

小児内頚静脈拡張症-5症例手術治験のまとめ-

日耳鼻82:1361-1364、1979

外歯瘻

日耳鼻85:957-962、1982

新しいタイプの気管カニューレ

耳鼻咽喉科Q&A、六法出版、東京、1983

CHARACTERISTICS OF EPITHELIAL COMPONENT OF PAROTID ADENOLYMPHOMA

AurisNasusLarynx12:s128-s131,1985

Enzymehistochemical, immunopathological and ultrastructual studies of lymphoidcomponent of parotid adenolymphoma. New dimensions in otorhinolaryngology-

head and neck surgery 2: 592-593, 1985

耳下腺adenolymphomaの病理組織学的研究

日耳鼻89:66-80、 1986

再建手術の基本-大胸筋皮弁のおこし方

JOHNS21621-1626、 1986

過長茎状突起症

耳鼻咽喉科診断治療大系4。講談社、東京、 1986

外歯瘻

耳鼻咽喉科診断治療大系6。講談社、東京1987

ワルチン腫瘍

耳鼻咽喉科診断治療大系6。講談社、東京、 1987

耳下腺非上皮性腫瘍

耳鼻咽喉科診断治療大系6。講談社、東京、1987

超音波画像下細胞診の新手法

日耳鼻90:1208-1216、1987

超音波画像下穿刺吸引細胞診用エコーキット。(狙撃穿刺治具)

特許第1931694号、1987

頭頚部腫瘍患者登録PC9801用コンピューター・データベース

KEIO、1988

持続吸引の実際

JOHNS3:573-587、1988

喉頭癌の特殊組織型

JOHNS4:1247-1252、1988

有茎筋皮弁による再建-有茎筋皮弁の特徴を生かした用い方-

頭頚部腫瘍16:118-121、1989 18.

FNAと切開生検

JOHNS7:49-55、1991

下咽頭・頸部食道の再建◇有茎弁による方法◇

朝日サイエンス社セミナーテキストⅠ-1~Ⅰ-15、1992

移動距離の大きな広背筋皮弁に対する一工夫 -de-epithelialized LD-MCの開発-

慶応医学:1994

花粉症対策教えます

ゴルフマガジン 1996 6.

花粉症対策教えます

企画制作(株)ハッピージャパン。1997 4.

鼻腔粘膜焼灼術

実用百科 花粉症撃退クリニック。実業之日本社:1998 1. 原稿提供&インタビュー

専門医に聞く「花粉症」

薬局新聞:1998 2.(原稿提供&インタビュー)

花粉症とっておき対策法 -ホスピタウン-

日本医療企画:1998 4. (原稿提供&インタビュー)

児童・生徒のアレルギー性鼻炎について

千代田区学校保健大会誌:39-43、1999

耳鼻咽喉科医院のリフォーム

JOHNS 17:1178-1180、2001

主な共著業績

村上 泰 丸山 毅 他:
大胸筋Myocutaneous Island Flapによる頚部食道一期的再建術

日気食会報 31:228-237、1980

Tamai S, Maruyama T et al:Laryngeal carcinoid tumor

Cancer 48: 2256-2264, 1981

田井良明 丸山 毅 他:Compound D-P Flapによる下咽頭頚部食道再建術

日気食会報33:376-383、1982

Murakami Y, Maruyama T et al:
Repair of Salivary Fistula After Reconst- ruction of Pharyngoesophagus

Arch Otolaryngol Head and Neck Surg 114:770-774, 1982

Murakami Y, Maruyama T et al:
Esophageal Reconstruction With a Skin Grafted Pectoralis Major Muscle Flap

Arch Otolaryngol 108:719-722, 1982

村上 泰 丸山 毅 他:下咽頭に及ぶ頚部食道癌診断治療の現況

消化器外科 6:527-534、1983

村上 泰 丸山 毅 他:下咽頭頚部食道癌治療の進歩 -切除手術と再建手術-

日気食会報 34:130-134、1983

村上 泰 丸山 毅 他:下咽頭癌の集学治療

癌と化学療法 11:1197- 1203、1984

猪狩武詔 丸山 毅 他:大胸筋皮弁再建食道の吻合部狭窄の成因とその対策

日気食会報 35:34-39、1984

村上 泰 丸山 毅 他:下咽頭頚部食道癌の切除再建 -頚部郭清を含む切除手術-

日気食会報 36:182-183、1985

館野秀樹 丸山 毅他:側頚部腫瘤として摘出した耳下腺腫瘍の2例

耳鼻咽喉科 57:149-157、1985

原口茂徳 丸山 毅 他:耳下腺アデノリンフォーマのRIシンチグラフィー

日耳鼻 88:911-919、1985

藤村昭子 丸山 毅 他:著しい周囲軟組織浸潤を示した頚部リンパ節結核3症例

耳鼻咽喉科 57:1013-1020、1985

Okada K, Maruyama T et al:
SURGICAL TREATMENT OF LARYNGOTRACHEAL STENOSIS BY A TROUGH TECHNIQUE

Auris・Nasus ・Larynx 12:s78-s80, 1985

Murakami Y, Maruyama T et al:
EXCISION LEVEL AND INDICATION FOR CONTRA- LATERAL NECK DISSECTION IN HYPOPHARYNGEAL CANCER SURGERY

Auris・Nasus・Larynx 12: s36-s40, 1985

Murakami Y, Maruyama T et al:
HISTOLOGICAL EVALUATION OF CONTRALATERAL NECK METASTASIS OF PYRIFORMU SINUS CANCER

New dimensions in otorhinolaryngology- head and neck surgery 2: 619-620, 1985

Murakami Y, Maruyama T et al:
A Rationale for Bilateral Neck Dissection in Hypopharyngeal Cancer Surgery.
- A Histological Analysis of Metastatic Nodes in the Neck-

Keio J Med 36: 399- 406, 1987

Murakami Y, Maruyama T et al:
Reconstructive Surgery in the Treatment of Hypopharyngeal Cancer

Keio J Med 36: 202-216, 1987

村上 泰 丸山 毅 他:
軟口蓋全層欠損に対する機能再建手術 -有茎下咽頭粘膜弁を用いる新しい方法-

日耳鼻 90: 1352-1358、1987

岡田康司 丸山 毅 他:下咽頭癌患者の非特異的免疫能

日気食会報 40:227-237、1989

藤村昭子 丸山 毅 他:耳下腺部好酸球肉芽腫症の画像診断

耳鼻と臨床36:1224-1231、1990

橋口一弘 丸山 毅 他:
アレルギー性鼻炎におけるペミロラストカリウムの臨床効果の検討

耳鼻と臨床44:364-375、1998

山内 宏一 丸山 毅 他:化学療法パスと問題点

頭頸部癌 33(3):341-345、2007

小柏 靖直 丸山 毅 他:頭頚部癌に対するcetuximabの使用経験

耳鼻咽喉科・頭頚部外科 80(10):725-728、2008

Yasunao K, Maruyama T et al:
Phase1study of S-1 plus Nedaplatin in Patients with Advanced/Recurrent Head and Neck Cancer

Chemotherapy 56:453-458, 2010

ページトップへ